町家写真館

9/23開催の西陣伝統文化祭「千両ヶ辻」に向けて館内を整備いたしますので、誠に勝手ながら2017年9月18日〜30日の期間は休館とさせていただきます。(We will be closing from 18 Sep., 2017 to 30 Sep., 2017.)

水野克比古フォトスペース

「町家写真館」

Mizuno Katsuhiko Photospace
“Machiya Photo Gallery”
(Kyoto JAPAN)

■ 町家写真館について

西陣・千両ヶ辻にある写真ギャラリー『水野克比古フォトスペース』は、明治初期に建てられた典型的な表屋造りの京町家を修復し、平成12年(2000年)10月にオープンしました。間口3間、奥行き18間の町家を、敢えて近代風にではなく昔の形に復元しています。出来る限り古材を集め、愛情と手間をかけて再生。町家の持つ歴史と息づかいが感じられるようにしています。

館内には、京都を50年近く撮り続けている水野克比古の写真を中心に、同じく写真家として活動している水野秀比古・水野歌夕の作品も展示。最大125×100cmの大判プリントをはじめ、幅245cmのワイドパノラマプリントなど大小様々なサイズで写真を鑑賞いただけます。
また、それらはすべてオリジナルプリントとして購入可能です。京の町家で、京都の写真を、親子二代にわたって公開しているということが、当館の特徴であると言えます。

四季の風景写真や神社仏閣の写真、路地風景や町家暮らしなど常時約50点ほどを常設展として鑑賞していただけるほか、 出版記念展覧会など特設の写真展を不定期に実施しています。3名が出版した190冊を越える著書を閲覧用として保管しており、絶版本もご覧いただくことができるほか、近著の書籍は著者のサインを施して特別販売しております。京の四季や風物を写したポストカードも人気が高く、70種類以上を取り揃えています。

また、敷地の奥には「坪庭」があり、座敷や縁側に座って四季の風情も楽しめます。写真作品や町家建築だけではなく、町家での“京の暮らし”や“季節のしつらい”なども感じ取っていただきたいと思っています。

通常の入館は事前予約制(無料)となっていますが、秋分の日(閏年以外は毎年9月23日)に催される「西陣伝統文化祭・千両ヶ辻」(http://senryougatsuji.com)には終日一般公開しています。当日は陰陽師で有名な安倍晴明の大祭日で、大宮通を祭礼行列や御神輿が練り歩くのも同時に楽しめます。


■ 来館予約について

来館予約は下記の電話番号まで事前にご連絡ください。
常時は施錠しており、来館時間にあわせて係員が待機し開館するシステムとなっておりますので、 予約の電話を受けた際に相互に時間を確認しておく必要があります。係員が確保できない日時は予約をお受けできない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

住所:京都市上京区大宮通元誓願寺下ル

  • TEL:075-431-5500
  • 開館時間:11:00~17:00(要予約)
  • 定休日:日曜、祝祭日、及び不定休
  • 入場料:無料

■ 写真撮影について

見学者(本人や同行人)が写った記念写真は撮影いただけますが、それ以外の館内撮影はご遠慮いただいております。また、以下の行為については禁止となっております。

  • 額装した写真作品を複写すること
  • 商用利用や販売を目的として撮影すること
  • 三脚・一脚や自撮り棒などを用いること

■ 交通機関

  • 市バス 201・59・203 今出川大宮下車 南へ徒歩2分
  • 市バス 9・12・67 一条戻り橋下車 西へ徒歩5分
  • 市バス 50 大宮中立売下車 北へ徒歩4分
  • 地下鉄 烏丸線今出川駅下車 西へ徒歩15分
  • 京 阪 出町柳下車 市バス201・203にて今出川大宮下車
  • 阪 急 大宮下車 市バス201にて今出川大宮下車

※駐車場は近隣のコインパークをご利用ください。

#Kyoto #Japan #machiya #photo #gallery #mizuno

保存保存

保存保存

広告

“町家写真館” への6件のフィードバック

    1. 今年は3/1〜3/3の3日間を予定しています。
      時間は10:30〜17:00となります。
      なお、ひな人形の準備のため開催10日程前から休館とさせていただきます。
      よろしくお願いします。

      いいね

      1. ありがとうございます。ぜひ、拝見させていただきたいと思います。

        いいね

  1. 青幻舎から発行されている「京・古寺逍遥 大仙院」(尾関宗園、水野克比古)24-25ページ掲載の「大海」の写真を使用したいのですが、どのように使用許可を提出すればよろしいのでしょうか。青幻舎様にご連絡を入れさせていただきましたところ、ここの水野様のサイトを教えていただけました。掲載したくかんがえている書籍は、わたしが書いた論文著「James Lee Byars Days in Japan, Red Moon Press」(2016年発行予定)で研究書となっております。使用料金をお支払いする準備もできております。お手数おかけいたしますが、ご教示いただけますようお願いします。

    いいね

  2. 御町家館の館長。水野歌夕さんのNETを拝見しまして、紅殻格子の材料あること知りました、何処で購入でいるか教えて下さい。宜しく

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中